FC2ブログ

Welcome to my blog

GARACTICA SPACE

GARACTICA SPACE

dance_30fps.gif
それにしてもこのBBAノリノリである。

dance_15fps2.gif
こちらは元ネタのコマ数に近い15fpsとダメージ加工。
ちなみに最上の画像は30fpsで制作作業は無駄に60fps表示でしていました。

20171018a.jpg
上記2点と異なりキャラの色数を減らした静止画。当時の子供向けアニメらしさを
出すならこのぐらいあっさりの方がいいのかな。

今回はマントや髪に物理計算を入れたのですが全然思い通りになりませんでした

関連記事

レスラー軍団抗争

Comments 2

There are no comments yet.
塚P  
ダンシング・クイーン

これは、、魅力的なダンシング・ババア・・失礼、クイーンですね!
確かに色を減らした静止画のほうが、「懐かしい」感覚で見れる気がします。
あまり鮮明過ぎる画より、少し荒いというかフィルムっぽい質感のほうが見ていて落ち着くからでしょうか。
映画と言えば、萩原聖人さん主演の「やきそば」がスタジオメルファンのデザインでおまけシール化されていていますね。
火美子やばあさんをモデルにしたオリジナルシールは唆られるデザインでした。

2017/10/22 (Sun) 13:40 | EDIT | REPLY |   
GARACTICA SPACE  
Re: ダンシング・クイーン

> 塚P 様
そういえばダンシングクイーンですね(笑)
ごまかしもありますがやはり慣れみたいなものがあるのかもしれませんね。
子供の頃はもともと線や色数が多く小綺麗なハイティーン向けの画の方が
好きだったりしますが、大人になってからはフィルムやテープまたデジタルノイズも好きです。

そんなシールがあったのですね。近年のメルファンは一部ポーズやディテールが
昔よりビックリマンに寄せていたり、安易に?露出度が高いキャラは複雑な気分になります。
個人的にはやきそばといえばヤキソバンを思い出しました。

2017/10/25 (Wed) 09:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply