Welcome to my blog

GARACTICA SPACE

GARACTICA SPACE

昨年、海外のイラストレーター(の一部?)で話題になったペイントソフト、
61 Solutionsの「Mischief(ミスチーフ、ミスチフ)」を触ってみました。




このソフトの最大の特徴は
Photoshop、Painterのようなラスター(ビットマップ)系のように直感的に描けて
Illutratorのようなベクター系のように拡大縮小しても画像が荒れない
解像度、キャンバスサイズに縛られないペイントソフトといった感じです。

001.jpg
そんな訳でとりあえず適当にうろ覚えなガンダムを試し描き。

002.jpg
寄ります。

003.jpg
さらに寄ります。

004.jpg
いくら寄ってもモザイク状になりません!
(極々わずかに形が変形しているようではありますが。)

拡大縮小による劣化が無く、1〜50兆のズーム範囲が可能なため、
キャンバスサイズや解像度の概念に捕われず自由に描け、また後からサイズや解像度を
決めてjpg,png,psdファイルなどに出力も可能なためマスター素材としていいかも?

ただ、選択範囲指定は四角形のみでマスキングや塗りつぶしツールはないので
アニメ絵には不向きです。
またレイヤーはありますが、カスタムブラシ、フィルタ、色補正といった
ペイントソフトによく見られるツールもなく、基本5種類のブラシと消しゴムで
ひたすらガリガリ描いていくのみなので、(個人的には)作業効率が悪く現時点では
趣味でも仕事でも積極的に使う理由が無いです。

レスポンスが速く、ファイルサイズも軽いらしいようですが
その点は個人的に他ソフトでもそこまで不満がないので、ツールを追加した
バージョンアップに期待したいです。

2014年4月現在で価格は65米ドル。
15日の無料体験版もあるので気になった方は触ってみては?
Mischief | Sketching & Drawing & Painting Software | 61 Solutions

effects.jpg
結局、フォトショで色変更&エフェクト追加

MischiefCGソフトイラスト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply